壱岐の人気ゲストハウス和茶美(わさび)に泊まってみた!

博多港から高速船で約1時間の壱岐は、魅力満載の島。その壱岐にある宿泊施設の中で、バックパッカーや友人との旅行におすすめなのが、和茶美(わさび)!

実際に泊まった時の情報をレポートします!

壱岐へのアクセス方法はこちらの記事を参考にしてください。

オススメの観光スポットはこちらの記事で紹介しています。写真映えするポイントを入れていますので是非チェックしてみてください。

ゲストハウスの場所

壱岐島の玄関となる芦辺港から車で約5分。
港を望む丘の上にあり、晴れていれば九州本土を見渡すことも出来ます。

この昭和の懐かしい感じがいいですね。

壱岐のゲストハウス和茶美玄関

料金

部屋は個室が無く、男女別のドミトリーのみです。

平日: 3,300円
休前日: 3,600円

宿の公式サイト、楽天トラべル、Booking.com、アゴダなどから予約が出来ます。

和茶美を楽天トラベルで予約する

アゴダでは2,400円程度の金額が表示されることがあり、お得に泊まれる場合があるので必ずチェックしてみてください。

設備

実際に泊まってみた際に確認できたことを書いておきます。

部屋

下の写真は男性専用のドミトリールームです。

窓からは海を一望出来ます。
男性の部屋は2階、女性の部屋は1階にあります。

ベッド間には壁があるので、ある程度のプライバシーは確保されていて、各ベッドの枕元はライトとコンセントがあり、スマホの充電も出来ます。

エアコンや無料WiFiも完備。

壱岐の和茶美ドミトリー

居間

玄関を開けると192カ国の国旗と、奥に囲炉裏のある居間があります。

壱岐のゲストハウス和茶美国旗

国旗はひとつずつ、丁寧に折り紙で表現されています。

和茶美の折り紙

居間ではテレビとゲームがあり、スーパーファミコンや任天堂64が置かれていて、誰でも遊ぶことができます。

64のマリカーやスマブラがあったので誰かと遊びたかったのですが、今回はやる相手がいませんでした・・。

和茶美の居間

キッチン

共同のキッチンはこちら。
コーヒーや水が無料で頂けるのが有難いです。

壱岐のゲストハウス和茶美キッチン
  • コーヒーメーカー(無料でコーヒーやラテなど飲めます)
  • ウォーターサーバー(地元の湧き水が飲めます)
  • IHクッキングヒーター
  • 電気ポット
  • 電子レンジ
  • オーブン
  • 冷蔵庫
  • 炊飯器

洗面所

壱岐のゲストハウス和茶美洗面所
  • ドライヤー
  • ハンドソープ

お風呂

脱衣所は無いため、このスペースで着替えも済ませます。

壱岐のゲストハウス和茶美お風呂
  • シャンプー
  • コンディショナー
  • ボディーソープ
  • 洗顔料

注意!バスタオルはありません。うっかり忘れていたのですが、親切にもタオルを貸していただきました・・。

サービス

送迎サービス

港や空港から距離があるため、レンタカーが無い方は送迎サービスをご利用ください。グーグルマップを見て、徒歩で行こうかな?と思いましたが、坂道で意外と距離がありました。

サービスの利用は個別で電話かメールで確認してください。

また、夜にお酒を飲みたいという方は、お店まで送迎してもらえるかもしれないので、宿で相談してみてください。(有料か無料かもご確認ください)

レンタルバイク

料金は24時間で3,300円です。
久しぶりに原付に乗りましたが、操作が分からない場合は教えてもらえます。

6台ありますが、心配な方は予約しておきましょう。

和茶美のスクーター
壱岐をスクーターで周る

番外編

外にはご主人手作りのツリーハウスがあります。

ちょっと登るのが怖かったですが、上に行くと港が一望できます。

壱岐のツリーハウス
壱岐のツリーハウス眺め

また、宿には「ナポリタンマスティフ」という土佐犬のイタリアバージョンがいます。とても珍しい犬なので、是非見て行ってください。

和茶美の犬

まとめ

いかがでしたか?
壱岐にはゲストハウスが他にもあるのですが、私がここに決めた理由は玄関の「国旗」でした。

しかし、それ以上に壱岐の旅が120%楽しめたのは、ゲストハウスのご主人のおかげです。

親切に地元ならではの目線で観光案内をしていただき、写真を撮る上でのお勧め場所や美味しいお店なども、ガイドブックではきっと選ばなかった場所に行くことができました。

また時期を変えて遊びに行きたいと思える場所です。

>旅を写真で創る

旅を写真で創る


美しい風景、歴史ある建造物、名物料理、そこに暮らす人々の生活。

個人で自由に、自分のペースで旅をする。
情報だけでなく、旅と写真の魅力をお届けしたいと思います。

CTR IMG