自転車・バイクでお越しの方必見!ららぽーと福岡の駐輪場について詳しく解説!

九州初のららぽーとが福岡に開業されました。
店舗面積4万6380平方メートルに222店舗が入り、全国に17あるららぽーとの中でも上位規模になるそうです。

九州初、福岡初が盛りだくさんの中でも注目されている施設が「キッザニア」「ガンダムパーク福岡」「福岡おもちゃ美術館」などです。
※キッザニア福岡は7月31日オープン予定

早速、自転車やバイクの駐輪場の情報をまとめましたので解説していきます。

ららぽーと福岡の場所

主要な場所(福岡空港、博多駅、天神駅)と、ららぽーと福岡の位置関係はこんな感じです。

ららぽーと福岡の場所

電車では最寄りの竹下駅から徒歩9分と少し離れており、バスは大橋駅を除いて直通がありません。車が一番アクセスしやすく、便利ではありますが駐車料金が高く設定されています。

自転車やバイクの駐輪場は無料!

駐輪料金は終日無料です。
利用可能時間は7時〜25時までとなっています。

また、福岡市を中心に展開しているシェアサイクルCharichariも利用できます。

停められる場所は?

自転車の停められる場所は計8か所

自転車は北西エリアを中心に停められる場所が多く、便利です。
サイクルスタンドが設置されている場所もあれば、原付と同じように置けるスペースもあるのでタイヤの大きさも気にしなくて大丈夫です。

原付の停められる場所は計2か所

南西エリアのそれぞれ1か所ずつ停められます。

バイクの停められる場所は計2か所

南北エリアのそれぞれ1か所ずつ停められます。

シェアサイクルCharichariも利用しよう!

Charichari(チャリチャリ)とは、スマートフォンアプリで専用の赤い自転車の鍵をあけ、1分6円で誰でも利用できるシェアサイクルサービスです。最近は電動アシスト付きも増えて、少し遠い場所の利用も便利になりました。

Charichari(チャリチャリ)は決められたポートにあります。ららぽーと福岡には南西の2か所にポートがあります。
南の方が博多に近いためか、人気で数が少ない傾向にあります。