対馬旅行に高速船ジェットフォイルで行ってみた!

長崎県にある離島の対馬。
日本よりも韓国に近く、韓国人観光客にも大人気だったのですが、最近の日韓関係の悪化により激減。
実際、対馬では一人も韓国人を見かけることがありませんでした。

福岡に移住してから気になっていた対馬。
今がゆっくり観光できるチャンスと思い行ってきました。

壱岐のアクセス方法はこちらの記事をご覧ください。

対馬の場所

長崎県に属する対馬は国境の島と呼ばれ、佐渡島、奄美大島に次ぐ大きさです。

船で行く場合

高速船とフェリーの2種類あり、また時間帯によっても対馬の到着港が異なります。

私は高速船で行ったのですが、途中にある壱岐に立ち寄り10分ほど停船して出発します。対馬行きの人は船内で待ちます。

高速船

  • 所要時間:約120分
  • 価格:片道¥6,780
  • 会社:九州郵船

フェリー

飛行機で行く場合

福岡空港→対馬空港

・長崎空港7:50発、10:05発、13:00発、15:20発の1日4便 
・所要時間:片道約35分
・航空会社:ANA

長崎空港→対馬空港

・福岡空港8:20発、11:20発、13:55発の1日3便 
・所要時間:片道約35分
・航空会社:オリエンタルエアブリッジ ANA

島内での移動方法

基本的にレンタカーで周ることになりますますが、事前に手配しておきましょう。送迎を頼んでおくと便利です。

私は以下の旅程で対馬をまわりました。
※初日のみレンタカーを利用

◆1日目

12:45厳原港到着後、レンタカーで出発
・和多都美神社
・烏帽子岳展望台
・韓国展望所
・夜ご飯(対馬バーガーKIYO

◆2日目(徒歩で観光)
・万松院
・金石城跡
・ランチ(観光情報館ふれあい処つしま)
13:00厳原港出発

1日目はほとんど車での移動ばかりで、かなり急いだ旅程となってしまいました。
韓国展望所は遠かった・・

まとめ

いかがでしたか?
私は今回、博多港→対馬→壱岐と順番に巡り、2泊3日の旅程でした。

船の時間もあり、あまり多くは時間が取れなかったのですが、
韓国展望所など北の方まで行くとかなり時間がかかるため、
すべて周る場合は2日ほど時間を取ることをおススメします。

是非、対馬に訪れ楽しい旅をされてください。

>旅を写真で創る

旅を写真で創る


美しい風景、歴史ある建造物、名物料理、そこに暮らす人々の生活。

個人で自由に、自分のペースで旅をする。
情報だけでなく、旅と写真の魅力をお届けしたいと思います。

CTR IMG