ミーソン遺跡への行き方!ベトナムホイアンからタクシーでアクセス

ランタンの街、ベトナムのホイアンに行ったらミーソン遺跡へ行く方も多いと思います。
アクセス方法はこの2通り。

  1. ツアーに参加する
  2. タクシーをチャーターする

2019年5月、ホイアンからタクシーをチャーターして観光してきたので、
行き方をご紹介したいと思います!

タクシーチャーターの方法と料金

実はミーソン遺跡はどうしても行きたい場所ではなく、
ホイアンに着いて気が向いたら行こうかな〜、という感じでした。

ホイアンのホテルに着いたのは夜だったので、
翌朝ホテルのスタッフに相談してみました。

すると当日でもすぐに手配が出来るとのことで、
タクシーチャーターをお願いしました。

 

どうやら時間や料金がパックになっているようです。

所要時間は計4時間で35USドルでした。
※往路1時間、遺跡滞在時間は2時間、復路1時間
※入場料は別途支払いが必要

もちろんベトナムの通貨、ドン払いでOK!
値段や時間は交渉出来ると思います。

1人では少々お高いですが、2人以上であれば十分考えられる値段ではないでしょうか。

ホイアンからミーソン遺跡までの所要時間

ホテルでの朝食後、早速手配してもらったタクシーでミーソン遺跡へ向かいました。

予定通り、1時間ほどで到着。

入り口近くで降ろしてもらい、ドライバーさんと帰りの時間を確認してから一旦別れます。

ミーソン遺跡の場所

ホイアンからは南西へ約40km(所要時間は車で約1時間)、

ダナンからは約70km(車で約1時間半)の距離にミーソン遺跡があります。

入場時間

6〜17時

今回は朝食をゆっくり食べてからミーソン遺跡に向かいましたが、
朝は出来るだけ早い方がおすすめです。

10時頃はすでに観光客が多く、人のいない全体写真を撮るのは難しいです。

現地ツアーは大体8時〜8時半頃にホイアンを出発する便があるため、
7時半頃の出発で先に到着するようにしましょう。

[24mm/F2.8]
遺跡と観光客
奥の方には団体客も

入場料

チケットの入場料は1枚15万ドン(約700円)

ミーソン遺跡の入口でチケットを購入して入り、少し歩くと「電気カート」に乗ります。(無料)
5分ほどするとカートから降ろされ、また少し歩きます。

もっとギリギリまでカートで乗せてくれればいいのに・・

休業日

無休

ミーソン遺跡の周り方

ゆるやかな坂道をのぼるとお土産屋さんが見えてきます。
飲み物など足りなければここで補充しておいた方がいいです。

さて、ようやく遺跡が見えてきたので撮影開始です。

期待値をかなり下げていったせいか、久しぶりの遺跡だからか、なかなかいい!

[28mm/F5.6]
ミーソン遺跡2
[24mm/F5.6]
ミーソン遺跡3
[24mm/F8]
ミーソン遺跡4
[59mm/F2.8]
ミーソン遺跡5

ミーソン遺跡はA~Gの8つのグループに分けられ、さらにL、Hもあります。

途中に看板があるので、案内を見ながら進むことができます。

所用時間

タクシー手配時に2時間の滞在時間と決めてしまいましたが、写真をしっかり撮る方には足りないと思います。

入り口から遺跡までも移動時間が少しかかるのと、
暑さもあるため休憩時間も考えると最低3時間以上でなど多めに交渉しておくとよいでしょう。
時間が余っても早めに入り口に戻ってベンチで休憩すればOK!

実際に私は2時間では全然足りず、急いで戻ることになってしまいました。。

服装

ミーソン遺跡はヒンデゥー教の遺跡であるため、露出はなるべく控えた方が良いでしょう。
というのは基本ですが、夏は非常に暑く、私が行った5月は想像以上の暑さでした。

周りの観光客は半袖短パンの格好の方も沢山いたので、あまり気にしすぎる必要はないでしょう。

また、靴は歩きやすいスニーカーがおすすめです。

持ち物

とにかく熱中症対策が必要です。

  • 帽子
  • サングラス
  • 日焼け止め
  • 汗拭きタオル
  • 水(500mL~1L)
    ※500mLでは足りないので、途中で購入しましょう。

ミーソン遺跡観光のまとめ

ベトナムのホイアンから半日で観光できるので、当日でも気軽にアクセスできます。

予想以上の暑さで全部周ることが出来ませんでしたが、
ベトナム戦争の跡や、神秘的で素晴らしい遺跡を肌で感じることができました。

また、歴史を調べて行けばより楽しめると思うので、
興味のある方は是非ひと調べしてから観光してみてください。

以上、ミーソン遺跡への行き方でした!

>旅を写真で創る

旅を写真で創る


美しい風景、歴史ある建造物、名物料理、そこに暮らす人々の生活。

個人で自由に、自分のペースで旅をする。
情報だけでなく、旅と写真の魅力をお届けしたいと思います。

CTR IMG