海外のタクシー移動はGRAB(グラブ)が最強便利!

GRAB(グラブ)は、東南アジアを中心に使われているタクシーアプリです。

日本ではUBER(ウーバー)の方が知名度がありますが、東南アジアではUBERが撤退し、GRABが広く使用されています。
今回は、一度使えば感動するくらい便利なこのグラブ(GRAB)をご紹介します!

海外のタクシーって怖い?

海外でタクシーを利用するのって、少し怖いなと思うことはありませんか?

  • 言葉が通じない
  • 違うところに連れていかれるかも
  • ボラれるかも・・
  • メーターを使ってくれず、毎回値段交渉になる

特に私が面倒だと思うのは値段交渉です。
タイなど、東南アジアでは値段交渉のタクシーが多く、観光客には通常の何倍も吹っ掛けてきます。

学生の頃は、そんな値段交渉すらも楽しいと思っていましたが、
今は面倒でしかありません。

また、英語がまったく通じず行き先を伝えるのに苦労することもあります。

しかし、これらの問題。
全てGRABで解決します!

詳しく解説しましょう。

GRABのメリット

GRABでは運転手と一切話さなくても、目的地に連れて行ってもらえます。

事前にアプリで目的地で伝えているし、
クレジットカードを登録していれば、支払いもアプリ内で完結できます

タクシーに乗ってからは、アプリを見ながら目的地に向かっているかを確認します。

工事や一方通行など道路状況によって遠回りをしているように見えるかもしれませんが、この現在地が分かることは大きなメリットになります。

 

GRABは運転手と客がお互い評価し合うように仕組みになっています。

そのため、お互い対応が悪いと自分の評価を下げることになり、評価が悪いと、今後の利用に影響が出ます。

GRABのデメリットや注意点

メリットだらけのGRABですが、私が使った経験上のデメリットをお伝えします。

■場所によってはGRABタクシーがいない

都市部はあまり心配ありませんが、すこし外れた場所ではGRABタクシーが走っていない場合があります。

また、逆に観光客が多く、GRABの奪い合い状態でマッチしないこともあります。
どこでも使える、というわけではないので注意が必要です。

■マッチしたGRABタクシーと落ち合えない

人や車が少ない場所では簡単にGRABタクシーを発見できますが、
私は以前にクアラルンプールの駅前でなかなか落ち合えなかったことがあります。

運転手とはメッセージの交換が出来るので、お互いの場所など伝えたり、
どうしても会えない場合はマッチを解除して、新しい運転手を探してみましょう。

GRABが使える国や地域は?

まず、アプリが使える国を確認しましょう。
残念ながら日本は使えません。

使えない地域で開くと下のような画面になります。

GRAB東京

現在、GRABが使える国は8カ国です。

  • タイ
  • ベトナム
  • カンボジア
  • マレーシア
  • シンガポール
  • インドネシア
  • フィリピン
  • ミャンマー

この中ではタイ、ベトナム、マレーシア、シンガポールで実際に使用しました。

GRABの使い方

では早速、アプリの使い方です。

アプリを登録していれば、最初の画面はこんな感じ。

GRABtop

クレジットカードの登録方法

フッターのpaymentを押すと下の画像に移ります。

私は既に登録しているのでVISAのマークが出ます。
登録できていない場合はAdd Payment Methodsをタップします。

GRABクレジット

クレジットカードが登録出来ない?

しかし、次のようなエラーが出ます。
実は日本は対象エリアではないため受け付けてくれません。

GRABカードNG

登録するには使用できる国で登録するしかありません。
現地到着後すぐに使用したい方は、到着後wifi環境のある場所でお試しください。

東南アジアはとにかくsimカードが便利です。

日本で買えるsimカードや、現地でのsimカード購入は安くて便利。是非購入を検討しましょう。

目的地の設定方法

さて、クレジット登録は現地で行うとして、
目的地の設定を説明します。

GRABtop

HOMEの画面に表示されている「Transport」をタップ。

すると次の画面がこちら。
現在地が表示されます。
(ベトナムのダナン空港にいます)

GRABダナン空港

青色の丸が現在地であり、GRABタクシー出発地点になります。

通常、乗る位置は自由に選べますが、
緑色の丸のように予め設定されたポイントも選ぶことができます。

このポイントには今回のような空港の出口や、ホテル、お店など、ある程度有名なところが表示されます。

出発地点が決まったら、今度は目的地の設定をします。
I’m going to…部分をタップ!

画面が切り替わったらもう一度I’m going to…部分をタップして施設名を入力します。

現在地で選びたい方は右上にあるマークをタップします。

私はホテルをSaved Placesで登録しておきました。
特にホテルは

空港とホテルの往復
ホテルと観光地の往復

と設定に使用することが多いので、登録しておくと便利です。

さて、目的地を決めるとこんな感じ。

ダナン空港からホテルへ

出発地点から目的地へのルートが表示され、
実際にかかる値段も表示されました。

例え渋滞や運転手のミスで道を間違えても、この値段以外請求されることはありません。

ちなみに車の種類を選びたい場合は、車のマークをタップ。
すると種類と金額が表示されるので希望に合わせたものを選べます。

GRABの種類

車であれば、Grab Car やGrab Taxiを選択します。
右に記載されているVNDはベトナムの通貨、その横の数字は金額を表します。

1-2minはタクシーが来るまでの時間です。

BOOKを押すとドライバーとのマッチングが始まります。すぐにドライバーが見つかり、このような画面になります。

車のナンバープレート、色、車種が書かれているので、近くに着いたらこの情報を元に探します。

GRABドライバーマッチング画面

問題なければ、このままドライバーの到着を待ちます。
操作をやり直したい場合はキャンセルしましょう。

キャンセル方法

GRABキャンセル画面

CANCEL BOOKINGをタップし、確認画面が出ます。
Cancel Anyawayをタップ。

GRABキャンセル画面フィードバック

キャンセル理由を選んで、フィードバックします。

ドライバーの車を見つける

アプリの画面を見ていると、どのくらいで到着するかが分かります。

到着すると、予め表示されていた情報を元に車を探します。

空港など人が多い場合は、自分のマッチングしたタクシーを探しづらい場合がありますが落ち着いて探しましょう。

お互いメッセージは出来るので、着いてるのに発見できない場合は具体的な場所など聞いてみてください。

無事に車を発見出来たら、乗り込むだけ!

ですが、間違えないように

ドライバーの名前、行き先を確認するといいと思います。

目的地到着後にやること

目的地に到着すると、ドライバーの評価を行います。星の数で評価するのですが、忘れないように早めにやりましょう。

やることはたったこれだけ!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

以上がGRABの登録方法、使い方です。

使ってみるまでは不安だと思いますが、
使うとコレなしには旅出来ないくらいスーパー便利です。

是非、GRABを使って快適に旅を楽しんでください!

>旅を写真で創る

旅を写真で創る


美しい風景、歴史ある建造物、名物料理、そこに暮らす人々の生活。

個人で自由に、自分のペースで旅をする。
情報だけでなく、旅と写真の魅力をお届けしたいと思います。

CTR IMG